2022年8月10日水曜日

2022年8月14日 Hiking Plan

 【注意事項】

香港政府の現在(8/24迄)の集合制限令を守り、ハイキング中は4人以下のグループ毎で(集合場所到着順に4人ずつ1グループを組む。参加者同士で話し合って自由に入れ替えを行っても構いません。)、グループ間の距離を十分保ち行動します。ご協力のほどよろしくお願いいたします。

【行き先 Destination大城石澗(タイシンセッカン)Tai Shing Stream)

集合時間 Meeting time 9:30AM
【集合場所 Meeting place荃灣駅C出口 Exit C of MTR Tsuen Wan Station
(トイレはC出口を出た向いにあるショッピングモールGalleriaの2階と3階のすぐのところにきれいなトイレがあります。)
【コース Course  
MTR荃灣駅~(ミニバス82番)~城門水塘~菠蘿壩自然教育徑大城石澗(龍泉谷~楓葉)~城門水塘~(ミニバス82番)~MTR荃灣駅
MTR Tsuen Wan Station~(Mini Bus 82)~Shing Mun Reservoir~Pinapple Dam Nature Trail~Tai Shing Stream(Dragon Valley~Maple Leaf Pool~Fat Mak Rock)~Shing Mun Reservoir~(Mini Bus 82)~MTR Tsuen Wan Station

【歩行距離 Distance】 approx. 8 km
【歩行時間 Walk Time】 approx. 4時間半
【必携品 Must Have】 十分な水、簡単な軽食 (Enough water and some food)
【難易度 Difficulty scale2.5  ★★★☆☆ 
【概要 Summary】 
 連日暑い日が続いています。暑さを避け、木立の中を歩き、沢で涼を取りましょう。大城石澗(タイシンセッカン)に行ってみたいと思います。この大城石澗は香港の「九大石澗(※)」にも数えられている人気の沢です。先週の馬大石澗と比べるとはるかに簡単な沢で、城門水塘からのアクセスも容易です。沢登りはほとんど行わずに、大城石澗と並行して通っているトレイル(虎蹤徑/Tiger Path)を歩きながら2か所のポイント(龍泉谷/Dragon Valleyと楓葉潭/Maple Leaf Pool)で沢に降りることを予定しています。今週は降雨量が多いですので水量はたっぷりあると思います。泳いだり水遊びも出来ますので遊びたい方は水着・サンダル等のご用意をお願いします。昨年8月22日に行った際には龍泉谷は膝から腰くらいまで、楓葉潭は深いところでは2m以上の深さがありました。簡単な沢ですが、水に濡れた岩は滑りやすく油断すると危険です。滑りにくい靴を履き、十分ご注意ください。また水底は岩が多く転がっていますので、水に入る際にはサンダルか靴をはいたまま入ることをお勧めします。それでは皆様のご参加をお待ちしています!初めての方のご参加も大歓迎です!

九大石澗
大城、黄龍、雙鹿、屏南、昂深、水澇漕(萬丈布)、蓮花、梧桐、横涌



【連絡先 Contact
 「集合場所がわからない」など、ご質問のある方はお電話下さい。
代表幹事谷田 (TANITA 9883-7637)
当日幹事:塩澤SHIOZAWA 5666-7560) 
If you have any questions, don't hesitate to contact us on these phone numbers. (e.g. I can't find the meeting place etc.,)

2022年8月8日月曜日

2022年8月7日 Hiking Report馬大石澗 英雄瀑

【行き先Destination】 

 馬大石澗 英雄瀑 Ma Tai Stream The Hero Waterfall

【集合場所Meeting spot

Tuen Ma Line MTR Tai Shui Hang Station Exit B outside turnstile

 屯馬線大水坑駅構内”B”出口、改札口

【参加人数Participants女性Women 4名,男性Men 7名

【天候Weather】 晴れ Sunny 

【気温/湿度Temperature/Humidity】 27-32℃/69-91%

【歩行距離DistanceApprox.4km 

【歩行時間Walking TimeApprox.4hrs

【難易度Difficulty scale4 ★★★★

【コースCourse

屯馬線 大水坑駅(Tuen Ma Line MTR Tai Shui Hang Station) - 大水坑村 (Tai Shui Hang Village) - 馬大石澗 (Ma Tai Stream) -英雄瀑 (Hero Waterfall)-大水坑村(Tai Shui Hang Village)

【歩行過程Walking course

  9:35               大水坑駅から歩行開始         

  9:50               入渓

10:50               貴妃池                 

11:50               堰堤

12 : 15               英雄瀑

13:00              川を降り始める

13:  30               舗装道に到着

14:00               打上げ

【概要Summary

本日は合計11人で馬大石澗を歩くことにしました。今週の初めの天気は不安定で、数日間にわたって大雨と稲妻だったから、日曜日の天気も少し心配でした。念のために代替ルートも考えておきました。幸いなことに、日曜日の朝は少し曇っていましたが、天気予報によると主に晴れているので、沢登りを挑戦し続けることに決めました。

大水坑駅を出発して、まもなく沢の入渓口に到着しました。沢の下流地域ですから水量も少なくて、川の小さな石を踏んで進んで行きます。晴天のせいか、蒸し暑くなってきました。しかし時々川の水に入って、涼を感じました。猛暑の夏の沢登りはやはり正しいね。川を登るにつれて、巨岩が現れてきました。その巨岩を登るには、バランスを保つために手と足を使ってかなり疲弊しました。メンバーのみなさんが互いに助け合って良いチームワークで、全員で着実に前に進んで行きます。約1時間後、通称「貴妃池」という景勝地に辿り着きました。そこにはすでに、川のそばで料理を始めたグループもいました。少し休んだ後、沢登りを再開しました。上流に沿って上って行くと水流もより激しくなっています。それぞれの困難な場所を乗り越えたら、やっと英雄瀑と英雄崖の差し迫った景色が目の前に現れてきました。最終目的地の滝に辿り着いたとき、あたりは釜で泳いで楽しんでいるハイカーで賑やかでした。また、滝の頂上からロープで下降の挑戦をする人もいました。全員で大休み、すぐに釜に入って泳いだり、水と戯れる人もいれば、周りのパノラマの絶景を楽しむ人もいました。滝で長く休憩してから、沢を降り始めました。降りるとは言え楽ではありません。激しい水流と岩からの滑落に格別な注意を払うから、一層キツくなります。幸い堰堤までは短い距離で、全員無事に沢を出て舗装道に入りました。帰りのルートは良い木陰の下り坂で楽でした。近くのレストランに着くとすぐに、冷たい飲み物とうまい料理で沢旅の疲れを癒しました。

 今回はとてもタフなコースで参加頂いた皆さん、お疲れ様でした。しかしこのコースは間違いなく挑戦する甲斐があると思います。皆さんの際どさに打ち勝つスタミナと惜しみない助け合いのお陰で全員が無事にミッションに挑戦できまして、大変ありがとうございました。今後も、同じ挑戦を続けたいと願っています。

入渓のところ


 

貴妃池




英雄爆の絶景



滝の釜で寛ぐ





動画は下をクリック Please click below





【打上場所Lunch

裕發小廚 大水坑

馬鞍山富安花園商場23-24號舖

TEL 2643 9455

テーブル1 ビール有130ドル ビール無75ドル   合計434 ドル

テーブル2 ビール有130ドル ビール無 100ドル  合計 878 ドル



2022年8月3日水曜日

2022年8月7日 Hiking Plan馬大石澗 英雄瀑

【注意事項】

香港政府の現在(4/21~8/10)の集合制限令を守り、ハイキング中は4人以下のグループ毎で(集合場所で到着順に4人ずつ1グループを組みます。参加者同士で話し合って自由に入れ替えを行っても構いません。)、グループ間の距離を十分保ち行動します。ご協力の程よろしくお願い致します。

行き先 Destination馬大石澗 英雄瀑

集合時間 Meeting time】09:30 am

集合場所 Meeting placeTuen Ma Line MTR Tai Shui Hang Station Exit B outside turntile

屯馬線大水坑駅構内”B”出口改札口(Toilet inside station駅構内にトイレあり)

歩行距離Distance】約3 km ~3.5時間 

予定コース Course屯馬線 大水坑駅(Tuen Ma Line MTR Tai Shui Hang Station) - 大水坑村 (Tai Shui Hang Village) - 馬大石澗 (Ma Tai Stream) -英雄瀑 (Hero Waterfall)-大水坑村(Tai Shui Hang Village)

難易度 difficulty scale】  4 ★★★★

概要 summary

 近頃続いている猛暑で快適な登山は難しいから、沢に入って爽快な気分を味わいたいと思います。今回は大水坑村にある馬大石澗を登る予定です。馬大石澗香港で数多くの有名な石の一つに数えられる沢で、上流の馬鞍山に水源を発して下流の大水坑村を通って、沙田海に出ることから「馬大」と呼ばれます。澄んだ水と美し流れで有名な沢です。長さは約1.5kmでその幅はかなり広くて、川にはたくさんの大岩が散らばっています。岩は花崗岩で、清流に洗い流され、滑らかになっています。それに川にいくつかの淵や釜が形成されています。これらのうち、最も息をのむ絶景は堰堤の前の谷の両岸に屹立したゴルジュとその真ん中の英雄爆です。

予定コースは下流の大水坑村から入渓して、上流の英雄爆を目指して遡上していきます。決められたルートはないので、川のどこを歩いて進んでも良いのが沢登りの魅力です。石澗に大岩が点在していて、水に入らなくても岩を登ったり両側の道を高巻くだけで英雄爆に辿り着けると思います。途中で通りかかった淵や小滝で冷たい清流に足や体を浸して涼を取ります。ゆっくり上がって進めば、約一時間半ほど目的地の英雄爆に到着。しかし着く前に険しい岩壁を乗り越えなければなりません。その壁は切り立っていて、そこを登ると降ることが難儀です。隣に張ってあるロープをしっかり握って上下すれば無難でしょう。悪場を超えたら、高い岩場を登り続けて、ようやく上流の英雄爆に到達。滝周辺でゆっくり時間を取りますので水遊び、昼寝等自由にくつろいで下さい。ただし英雄爆の深い滝壺はちゃんとしたプールではないから、そこで泳ぐときは注意を払う必要があります。いきなり飛び込んだり、深く潜ったりは禁物です。さらに滝の周りの地面がでこぼこの斜面で石が水に濡れて転倒し易くなっていて、滑落によくご注意ください。帰りは貯水堰堤の引水道に下って舗装路に入り、大水坑村に戻ります。打ち上げはバスタミナスの近くのレストランで行う予定です。

沢に散らばっている大岩と淵

岩壁を上下する難所




英雄爆ー滝と釜



注意
  • 沢の岩が滑りやすいため軍手と滑りにくいスポーツシューズがお勧めです。
  • 衣服は大抵乾きますが着替えは持参された方が良いでしょう。
  • 多めのお水、帽子、日焼け止めなど熱中症対策を十分にした上でご参加くだい。
  • 沢登りは岩を掴めたり、踏ん張っだりする全身運動で、特に炎天下で遡ったりするのがしんどくなります。必ず自分の体調を合して進むのがお勧めです。
  • 馬大石澗は、取り囲む山々の雨水が流れ込む地形のため、山間部で降雨の場合、平地で降っていなくても突然増水することがあります。大変危険ですので天候(山間部含む)には十分注意下さい。
  • 悪天候の際は行き先を変更しますのでご了承願います。

【コースの参考】


Youtube https://www.youtube.com/watch?v=Xe4pJPBIDq8

参考の動画の復路はこの計画と異なります。


【連絡先 Contact

「集合場所がわからない」「少し遅刻しそう」等の時、他にご質問のある方は以下にご連絡下さい。

If you have any questions (eg. I can’t find the meeting place/ Be a bit late/ Is the hiking cancelled?) please feel free to contact us on the following numbers.

代表幹事 (Overall in-charge) : 谷田TANITA (9883-7637)

当日幹事 (in-charge of the day) : 

NG (KK 6273-4507) HO (Esther 6130-1530)


2022年8月2日火曜日

2022年7月31日 Hiking Report

【集合場所 meeting place】中環六號碼頭(梅窩行きフェリー乗り場)前 Central Ferry Terminal No.6 to Mui O

【参加人数Participants】 女性Women 11名,男性Men 9名

【天候Weather】 曇時々晴れ Cloudy with occasional sunshine

【気温/湿度Temperature/Humidity】 30‐31℃/75%

【コース course】 中環六號碼頭(Central Ferry Pier 6) – 梅窩(Mui O) -ランタオトレイル12段(逆走)–貝澳泳灘(Pui O Beach)

【距離 Distance】 approx. 9km

【歩行時間Walk time】 4 hrs.(オリジナルコース) 3.5 hrs.(スマートコース)

【難易度 Difficulty scale】 3.5(オリジナルコース) 2.0(スマートコース)

【歩行過程Walking scale】
8:30   中環六號碼頭(Central Ferry Pier 6) よりフェリー乗船
9:05     梅窩碼頭着
9:15     歩行開始
9:55-10:05  あずまや
10:30     L133ポスト分岐
10:50     白富田營地
11:15-11:30 大牛湖頂三角点 (275m、本日の最高点)
12:20     L126ポスト分岐
12:30     貝澳泳灘(Pui O Beach)到着(スマートチーム)
13:00     貝澳泳灘(Pui O Beach)到着(オリジナルチーム)
16:00     打ち上げ終了

【概要Summary】
今回は20名の皆様にご参加いただきました。前日の雷で天気が少し心配されましたが、蓋を開けてみれば丁度良い位の曇り(時々晴れ)でした。少し早めの8:30のフェリーに乗船し9:15には歩行開始。梅窩の街はずれからトレイルに入り、銀鑛灣(Silver Mine Bay)を臨む道を微妙なアップダウンを繰り返してまずまず快調に進みました。

東屋まで来たところで、気温も31度まで上がってきたので、予定通り山を越えるオリジナルコースチームと海沿いを巻いていくスマートコースチームに分かれて、貝澳(Pui O)を目指すことにしました。オリジナルチームは、白富田營地を過ぎてから本格的な登りとなり、しかもお日様も出てきて結構な試練となりましたが、こまめに休憩をはさみつつ木陰にも助けられて無事三角点のある本日の最高点、大牛湖頂に到達。ランタオピーク、サンセットピークはやや靄がかかっていましたが、目指すビーチが美しく疲れも癒されました。その後前方に老人山の迫力を感じながらビーチ目指して下ってゆきます。L126ポストの分岐で先行するスマートチームがもうすぐゴールとの報を受け、渡れそうで渡れない入り江に煮え湯を飲まされ、さらに一足先に水辺で涼む水牛さんを羨みながら、スマートチームに遅れること30分で1時ごろ漸く貝澳泳灘(Pui O Beach)に到着!!

ゴールの貝澳泳灘にあるビーチハウス(つまり、洋風の海の家)がそのまま打ち上げ会場になりました。海風にあたりながら優雅に冷たいドリンクを楽しんだり、童心に帰って海水浴やビーチバレーに興じたりして、思い思いに大人の休日を楽しみました。
皆様ご参加ありがとうございました。

【打上場所Lunch】
Treasure Island, Pui O Beach TEL 5236-7013
ドリンク(一杯約50‐80ドル)は各自会計、料理はテーブル単位でシェアして約50‐100ドルでした。